blog index

One fukushima D(旧デシャバリの会スタッフブログ)

2019年5月にスタートした「One Fukushima D」。
「福島市デシャバリの会」と「One Fukushima」が一つになって生まれた団体です。
「遊びながらまなび、まなびながら遊ぶ」をコンセプトに、福島のたてよこななめをつなぎ合わせ、誰もが主役となる環境づくりをしていきます!
ここは、旧デシャバリの会スタッフのブログです♪
【阪神淡路大震災から25年】

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

今年で阪神淡路大震災から25年。

あの時の衝撃は、今でも忘れることはありません。

 

倒れた高速道路、壊滅した街とそこら中から立ち上る炎。

私は当時大学4年生。

後からボランティアの方々がたくさんいたということを知り、

自分の行動力のなさ、

知識のなさにがっかりした記憶があります(^^;)

 

一瞬で命が奪われたり、コミュニティや地域が崩壊すること、

私たちは2011年に実感することになりますが、

改めてその事実から目を背けずに対策を考え続けること、

何が起きても落ち着いて一人ひとりが行動できることを

考えていきたいと思いました。

 

昨年の台風19号で「誰もが被災者となりうる」ことを

目の前に突き付けられました。

そんな中、自分たちに何ができるのだろうかと考えて、

辿り着いたのが「逃げ地図」づくり。

 

今はまだ勉強している最中ですが、

タイミングを見てワークショップを開催したり、

学びの時間をつくっていきたいと思います(^^)

| desyabari | 会員の想い | 15:30 | comments(0) | - | pookmark |
【日本一の酒どころ福島 とっておきの酒蔵めぐりの旅】

JUGEMテーマ:日本酒

 

福島県観光物産館 理事長の高荒さんから、

「日本一の酒どころ福島 とっておきの酒蔵めぐりの旅」

のご案内をいただきました。

 

ご存知のとおり、福島県は「全国新酒鑑評会」で

7年連続の「金賞受賞蔵数日本一」を誇っています。

 

その立役者、ハイテクプラザ副所長の「鈴木賢二」さんを

ツアーコーディネーターとして、

全行程ご同行いただく特別なツアーです。

 



鈴木先生には旅の冒頭、皇室ゆかりの洋館「天鏡閣」での

テイスティング付きガイダンスから始まり、

夕食ご宴会の日本酒も鈴木先生チョイスしていただきます。

しかも飲み放題!!

 


そして、その夕食会場は

豪華寝台列車「四季島」のお客様もお迎えしている

会津の老舗割烹「田季野」さん。

初日は末廣酒造さんの酒蔵めぐり。

社長の新城猪之吉さんが御案内、

新酒を仕込み樽から汲み出し振る舞っていただけます。

2日目は大和川酒造さんの酒蔵を見学し、

昼食は世界一獲得のほまれ酒造さん。

酒蔵併設の日本庭園の美しい「雲嶺庵」で特別に、

創作料理で社長の唐橋さん手酌の日本酒をいただけますか(^^)/

 


特別感満載の楽しい日本酒の旅。

ご家族ご友人等お誘い合わせのうえ、ぜひ、ご参加ください!

 

日程は2つのパターンがあります。
2月8日(土)、9日(日) と3月7日(土)、8日(日)。
それぞれ、郡山駅発着で 34,800円(1人1室3,000円追加)です。

 

ぜひ、福島県へお越しください♪

 

詳細は「ホープツーリズム」のHPをご覧ください↓

https://www.hopetourism.jp/

| desyabari | イベントのご案内 | 16:09 | comments(0) | - | pookmark |
【飯野町商工会 街なか活性化委員会】

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

8日の夜、飯野町商工会の「街なか活性化委員会」さんで

お話しをさせていただきました。

 

私など、特にこれといった職業でもなく、

どんな話をすればいいのか、不安の日々を送っていました(笑)

 

飯野町は人口減少によってメインストリートの人通りが減り、

子どもたちの数の減少も目の前にある事実です。

 

 

そんな中、飯野町をどのようにしていけばいいのか、

真剣に考えて議論している委員会の皆さまの姿を見て、

心から感動したのでした。

 

 

飯野町名物、つるし雛祭りは2月22日から、

そして4月には春祭りが開催されます。

時期になったら、お伝えいたします(#^^#)

飯野町、ますますパワーアップしています♪

 

話しの中身は反省するところもありましたが、

その後の懇親会がとても盛り上がり、楽しい時間を過ごしました。

 

同年代の方もいて、悩みを少しずつ話しながら、

今後のつながりについても(^^)

 

つながること

継続すること

変化すること

フォローすること

 

なかなか難しいこの4点、でも、

それができればその企業や団体の活動は、

素晴らしいものになると感じています。

 

2020年も飯野町で「大人も遠足」を開催する予定です。

ぜいぜひ、ご参加ください!

| desyabari | 会員の想い | 22:25 | comments(0) | - | pookmark |
【新年は餅つきから♪】

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

福島市は雪のない日々が続いています。

風がとても強いものの、

青空が広がる良いお天気続き♪

 

今日はそんな中、毎週日曜日に福島駅東口で開催されている

「グッデイマーケット」のお手伝いをしてきました。

 

グッデイマーケットは、デシャバリの会時代にお話しいただいた

佐藤宏美さんが始めたもので、冬以外は毎週日曜日に、

「街なかで福島の新鮮な果物や野菜を購入したり、

 生産者と触れ合うことができる」ことを目的に開催されています。

 

 

ず〜っと継続していて、市内外のいろんなところに出店したりして。

本当に凄いです!

 

そして今日は餅つき&餅の振舞い。

餅をふかし始めると、すぐ良い匂いが立ち込めて(^^)

「ももがある」の齋藤由芙子社長のよく通る声に惹かれて、

人がどんどん集まってきます。

 

 

 

そして餅つきが始まると、たくさんの人が!

振舞いもすぐに行列。

 

 

やっぱりみんな餅つきが好きなんです。

子どもたちも楽しいし、何よりつきたての餅は美味しいし。

 

 

 

 

佐藤宏美さんが「餅つきみたいな、日本の文化を絶やしたくない」

と仰っていたのが心に残りました。

 

 

 

来年以降も、できるだけお手伝いしたいと思います!

グッデイマーケット、冬は月1回の開催になります。

次回は2月16日(日)、ぜひお越しください♪

| desyabari | 会員の想い | 18:52 | comments(0) | - | pookmark |
【研修のその後】

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

2014年に受講した「地域資源プロデューサー育成研修」。

螢リフの社長、石山純恵さん主催で、

もともとは六次化の研修からスタートしたものが、

発展していって起業家が学ぶものに進化したものでした。

 

私は起業家でもなんでもありませんが、

参加してみるととても刺激的な内容でした。

講師陣は今をときめく方々ばかり。

福島の開催だけではなく、東京へ宿泊しながら受講するなど、

気付きと新たなつながりが得られる貴重な学びの場でした。

 

 

受講生はみんな地域で活躍したり、

仕事を通して街を元気にしている方々。

退職後の企業を考えている方もいて、

とても刺激を受けることが多いです。

 

こうして研修終了後も毎年2回ほど集まり、飲むだけではなく、

近況報告をしながらアイデアをいただいたり、

仕事のヒントを得られる場になっています。

 

様々な研修や学びの場が多くありますが、

研修をその場限りにすることなく、

その後を伝えたり、自分たちの成長を伝えあうことって

とても大切なことだと思うんですよね。

 

参加してみて、改めてOFDもそういった場を目指したい、

と思ったのでした♪

| desyabari | 会員の想い | 16:04 | comments(0) | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

bolg index このページの先頭へ