blog index

One fukushima D(旧デシャバリの会スタッフブログ)

2019年5月にスタートした「One Fukushima D」。
「福島市デシャバリの会」と「One Fukushima」が一つになって生まれた団体です。
「遊びながらまなび、まなびながら遊ぶ」をコンセプトに、福島のたてよこななめをつなぎ合わせ、誰もが主役となる環境づくりをしていきます!
ここは、旧デシャバリの会スタッフのブログです♪
<< 【対人関係のスキル】 | main | 【学び続けること】  >>
【丸8年の3.11】

 

東日本大震災から丸8年の3.11から6日が経ちました。

毎年3.11を迎えると、

どんな時でも当時のことを思い出すことにしています。

 

福島市は内陸部なので津波の被害はありませんでしたが、

やはり電気・水道などのライフラインの停止、

ガソリンや食料の不足はとてもこたえました。

 

特に水道は本管に被害が出て、復旧するまで1週間かかり、

蛇口をひねると水が出るありがたさが、

とても身に染みたことを覚えています。

 

本当に昨日のことのように思い出せるんです。

それだけ強烈な衝撃だったのでしょう。

今でも緊急地震速報が流れると、ドキドキしてしまいます。

 

 

震災のすぐ後に原発が爆発して、

私たちもとても怖い思いをしました。

これからどうなってしまうんだろうと、

不安と戦いながら日々を過ごしていました。

 

しかし、それ以上にとても嫌だったのが、

何も知らない方々に福島を悪く言われること。

こんなに素敵な地で、温かい人が多くて、

とても暮らしやすい福島の何をわかっているんだと、

当時はとても憤り、その思いをブログに書き連ねていました。

 

改めて見返してみるととても稚拙な文章なのですが、

その時の思いに嘘偽りはなかったと、

今も自信を持って言うことができます。

 

 

震災から8年、来年のオリンピックは福島からスタートすることになり、

福島市の名誉市民 古関裕而さんをモデルにした朝の連ドラも始まります。

 

復興の歩みを着実に進んできた福島市。

震災の経験と思いを次世代につなぎながら、

笑顔があふれる街をつくっていきたいと思います(^^)/

| desyabari | 会員の想い | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:47 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

bolg index このページの先頭へ