blog index

デシャバリの会〜まちづくりとつながりの場

福島県福島市の街を盛り上げようと集まった、
「福島市デシャバリの会」のブログです。
いろんなところで頑張っている人同士横のつながりを持って、
交流しながら楽しくまちづくりについて語っていきます。
いろんな職種、いろんな考えを持った人の集まりです。
その熱い夢と想い、そして福島市の情報を発信していきます。
<< 【遠足】 | main | 【東北絆まつり2019ふくしま】 >>
【地元学】

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

先日「One Fukushima D(OFD)」の打合せで飯野町を訪れた時、

デシャバリの会でお世話になっている

「ジョギング@ふくしま」の荒木さんから、

「いいの地元学」という冊子を渡されました。

 

「地元学」という言葉は耳にしたことがありましたが、

私の中でイマイチしっかりと定義づけできていませんでした(^^;)

 

 

地元学は、結城登美雄さんという有名な方の

「地元のことをもっと知って、資源を活用する知恵や術を地元の人に学び、

生きやすい場をつくろう」という考え方が主流のようです。

水俣市で始まったのでしょうか。

 

 

福島市は広く、様々な地域があって、

人口の減少や少子高齢化が顕著な地域もあります。

 

そうした地域にも歴史や様々な資源があり、

いろんな魅力が詰まっていると思いますが、

人口の減少によって、その知識や知恵が失われていっているかもしれません。

地域の個性が失われていっているかもしれないのです。

 

飯野町でも、高齢化が進み、商店街ではシャッターを下ろすお店も出てきて、

活力が緩やかに失われていっています。

一方で地域を元気にしようと奮闘されている方がいて、

様々な取り組みが行われています。

 

そんな時にOFDができることは、

いろんな方がつながる場をつくって、たてよこななめをつなげて、

遊びながら学ぶ取組みをすること。

 

遠足を皮切りに、いろんな方が楽しくなる企画をつくっていきます(^^)/

| desyabari | 会員の想い | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:10 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://desyabari.jugem.jp/trackback/1034
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ