blog index

デシャバリの会〜まちづくりとつながりの場

福島県福島市の街を盛り上げようと集まった、
「福島市デシャバリの会」のブログです。
いろんなところで頑張っている人同士横のつながりを持って、
交流しながら楽しくまちづくりについて語っていきます。
いろんな職種、いろんな考えを持った人の集まりです。
その熱い夢と想い、そして福島市の情報を発信していきます。
<< 【パセオ通りを考える】 | main | 【「大人も遠足〜飯野町編」詳細決まりました!】 >>
【平成28年熊本地震〜熊本市女性職員50の証言】

 

「職員である夫と一緒に出勤し、

 次に大きな地震が来たら庁舎が潰れて死んでしまうと思い、

 息子に遺書を書いてから仕事に臨んだ。」

 

自治体職員有志の会のMLで知った「熊本市女性職員50の証言」。

 

少し目を通しただけでも、震災対応の困難さや、

突きつけられる自治体職員としての覚悟などを感じることができました。

 

東日本大震災の時の記憶がよみがえります。
果たして自分たちは最良の対応ができたのか、

最良の行動ができたのか、この8年、ずっと考え続けています。

 

自治体職員としての使命、家族への思い、「公平」とは何か、

目の前に寒さに震えている方がいる時に自分ができることとは、

組織と個人の狭間…。
いろんな思いを感じることができます。

 

それと、こうした証言集、記憶集は、やはり財産だと思います。
後世に伝えることの大切さ、次の災害対応時への教訓、

いろんな役割を果たすことができますよね。

 

局長から主事まで、様々な職階の方の証言。
まとめたのは、熊本市の男女共同参画課なんですね。
凄い!と思います。

 

ぜひ、皆さまにもご覧いただきたいと思います↓

https://www.city.kumamoto.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=5&id=23768&sub_id=1&flid=166572

| desyabari | 会員の想い | 09:46 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:46 | - | - | pookmark |
コメント
初めまして、こちらのブログとは場違いな内容で恐縮ですが、この度は21日開票の参院選において、ブログ主様に今一度この事を思い出して頂きたく、失礼とは存じますが、書き込ませて頂きました。

国民として忘れてならない2009年、メディアの世論誘導により誕生した民主党政権でしたが、その3年間は公約をほぼ全て反古にし、1ドル80円株価8千円の超円高を誘導し、企業の倒産が激増、雇用が空洞化し、日本は経済破綻寸前まで追い込まれたのは周知の通りです。

現在、国の収益、株価、求人倍率共にバブル後の最高を記録する等、着実に経済を回復させ、脅威を増す中国や北朝鮮への対応、外交においても各国からの信頼を築いている現政権を失う事は、再び苦境の時代に戻る事を意味します。

今回の老後2千万円問題についても、野党とメディアは印象操作で国民を騙し政権を取った、2007年の再来を狙っていると思われ、報告書は年金制度自体に問題を指摘したものではない事はこちらに詳しく書かれています。
https://ttensan.exblog.jp/27649651/

一人でも多くの方が野党やメディアの実態を知り、国を守る為に皆様一人一人が報道される情報の真偽を自身の目で正しく見極め、この度ブログ主様や皆様にもその大事な意思を、是非投票によって示して頂きたいと思っております。
突然の書き込み、長文乱文お詫び申し上げます。
| ゆき | 2019/07/20 12:41 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://desyabari.jugem.jp/trackback/1042
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

bolg index このページの先頭へ