blog index

One fukushima D(旧デシャバリの会スタッフブログ)

2019年5月にスタートした「One Fukushima D」。
「福島市デシャバリの会」と「One Fukushima」が一つになって生まれた団体です。
「遊びながらまなび、まなびながら遊ぶ」をコンセプトに、福島のたてよこななめをつなぎ合わせ、誰もが主役となる環境づくりをしていきます!
ここは、旧デシャバリの会スタッフのブログです♪
<< 【ふくしま銘店街】 | main | 【空を見上げて】 >>
【福島市の百貨店・中合】

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

福島駅東口にある老舗百貨店の中合。

昨日、8月いっぱいで閉店するとの発表がありました。

 

個人的にも思い入れが深いお店だけに、本当に残念です。

東口再開発計画で大きな商業店舗が建設される予定なので、

てっきりそこに入るのだと思っていました。

 

 

確かにお客さんは減少していると感じていました。

特に中合弐番館が閉店し、大きな書店などがなくなって、

集客に苦しんでいるんだということが感じ取れました。

でも、建物の取り壊しが始まるまで、

営業してくれるものだと勝手に思っていたのです。

 

 

一方で、別の考えも。

閉店のニュースが流れてから、

SNSを中心に惜しむ声が上がっています。

でも、思うのです。

みんな、買い物に行っていましたか、と。

 

私自身も中合で買い物するのは年に数回あるかないか。

若者は行ったこともない人が多いそうです。

自分たちが中合の魅力を伝えてきたのかということと、

中合自身にどういった魅力があったのか、

改めて考えてみたいと思います。

 

中合の閉店は、やっぱり寂しいです。

本当は7月にオリンピックがあって、

朝の連ドラで古関裕而氏の物語が放映されて、

駅前も活気にあふれていたのだと思います。

本当に悔しい…。

 

だからこそ、改めて街と百貨店、

駅周辺のことについて、考えてみたいです。

| desyabari | 会員の想い | 22:17 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:17 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ