blog index

One fukushima D(旧デシャバリの会スタッフブログ)

2019年5月にスタートした「One Fukushima D」。
「福島市デシャバリの会」と「One Fukushima」が一つになって生まれた団体です。
「遊びながらまなび、まなびながら遊ぶ」をコンセプトに、福島のたてよこななめをつなぎ合わせ、誰もが主役となる環境づくりをしていきます!
ここは、旧デシャバリの会スタッフのブログです♪
<< 【新年あけましておめでとうございます】 | main | 【コドモノエガクマチ】in福島市役所新庁舎 >>
福島市を囲む山々

元旦の朝福島市は曇りで、
残念ながら初日の出を拝むことはできませんでした


しかし、西に目を向ければ、雪をかぶって真っ白になった、
きれいな山々が福島市を守ってくれています

この雪は福島市にとって大切な水となり、
モモやリンゴといった福島市が全国に誇るフルーツなどに、
市内を流れるいくつかの川を経て、あま〜い恵みをもたらしてくれます


その山の一つが、吾妻山



残念ながら(事務局の写真の腕の問題かもしれませんが
頂上部分はモヤがかかってハッキリしませんが、
吾妻小富士と呼ばれるきれいな山があります

この山肌には、福島市のキャラクター ももりん
http://www.fckk.co.jp/index.html
のもととなった、雪ウサギが隠れています

春が近付いて雪解けが進むと、残雪がちょうどウサギの形になるのです
地元では「種まきうさぎ」として親しまれ、
雪ウサギが表れると、農家が種まきを始めます

ちなみに途中、高湯温泉があります
http://www.naf.co.jp/azumatakayu/welcome.stm

そしてもう一つ、きれいに雪をかぶっているのが土湯の山



福島市内にはたくさんの温泉がありますが、三大温泉の一つ 土湯温泉
http://www.tcy.jp/welcome.stm
があるところです

土湯峠を抜けると、会津方面に行くことができます


2011年も福島市は美しい山々に守られて、静かにスタートを切りました

| desyabari | 福島市の自然 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:53 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

bolg index このページの先頭へ