blog index

デシャバリの会〜まちづくりとつながりの場

福島県福島市の街を盛り上げようと集まった、
「福島市デシャバリの会」のブログです。
いろんなところで頑張っている人同士横のつながりを持って、
交流しながら楽しくまちづくりについて語っていきます。
いろんな職種、いろんな考えを持った人の集まりです。
その熱い夢と想い、そして福島市の情報を発信していきます。
<< 座談会御礼&まちラボのご案内 | main | 「南福島商店街のお店」ご紹介第一弾 サラダ館きしもと衣料品店 >>
福島の街並み写真展
 3月14日(土)・15日(日)、福島の中心市街地パセオ通り、
「パセオスペース供癖‥膸塰世町1-26)」で、
「写真にみる まちの歴史 アナタの歴史」展が開催されました。



上の写真、小さくて申し訳ないのですが、
地図上の一つ一つの家、ほとんど全てが小さな商店なんです!
昔、中心市街地はホント、賑わっていたのですね。
驚きました

会場にいらっしゃっていた年配の方にお聞きしたのですが、
当時周辺から福島の街に来るということは、「とても興奮すること」だったんだそうです。
「地域のみんなに自慢したもんだ」とも仰っていました。
そんな歴史ある「街なか」なのですね

地図には付箋を貼ることができて、当時の思い出を書き込むことができます。




左側「置賜町」と書いてある部分が、現在のパセオ通りでしょうか。





いろんな思い出が詰まっているんですね


会場にはお客さんがたくさん!いらっしゃっていました。









昔は確か伊達から福島まで、路面電車が通っていたんですよね



昭和46年に廃止されたそうです。




この映画館、幼い頃自分も行ったことがあるような記憶があります。
ガンダムはここで見たんです、確か!




これは現在のAXCでしょうか??




これは平和通りと県庁通りが交差するところですね^^




福島の中心市街地には、確かな歴史がありました。
でも、それを後世に伝えることが、できていないような気がします。
街の歴史を伝えること、地域にとって、とても大切なことではないでしょうか?

なぜ中心市街地の活性化を考えるのか、みなさんは明確な答えを出せますか?
自分もはっきりとした答えを出す自信がありませんが、
“歴史”が理由の一つなのは確かですね^^
歴史は人と街のつながりを示す、唯一の拠り所なのかもしれません。

今後まちづくりを考えていく上で、とても大切なヒントをもらった写真展でした。
福島県建築士会福島支部女性部のみなさん、ありがとうございました

(写真は建築士会スタッフの方の許可を得て撮影・掲載しました)
| desyabari | 中心市街地 | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:51 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://desyabari.jugem.jp/trackback/17
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ