blog index

デシャバリの会〜まちづくりとつながりの場

福島県福島市の街を盛り上げようと集まった、
「福島市デシャバリの会」のブログです。
いろんなところで頑張っている人同士横のつながりを持って、
交流しながら楽しくまちづくりについて語っていきます。
いろんな職種、いろんな考えを持った人の集まりです。
その熱い夢と想い、そして福島市の情報を発信していきます。
<< 白石市歴史ツアー | main | 【10年後への手紙】 >>
「まちのおかみさん会」&「ふくしま街づくり夢仕掛人塾」のお店ご紹介 オプティカル・ヤブウチ
 「福島のお店ご紹介」を再開しました

「まちのおかみさん会」ご紹介第三弾、
「ふくしま街づくり夢仕掛人塾」のお店としては第一弾の、
「オプティカル・ヤブウチ」です。

薮内 菊野さん(おかみさん)と薮内 一弘さん(4代目ご主人)です。


こちらが「ふくしま街づくり夢仕掛人塾4期生」であり、
5代目のご主人、薮内 義久さんです


「オプティカル・ヤブウチ」は明治8年創業、現在134年目です
貴金属店・時計店と変遷し、そして現在はメガネ屋さんです。

義久さんは、
「メガネは矯正器具としてだけではなく、
 ファッションアイテムとして、カッコよく、
 お店に来たときよりも美しく!」
をモットーに、
「何のこだわりもない、値段だけの商品は売らない。
 睫毛の長さ、鼻の高さ、レンズ周りの色や厚さなど、
 一人ひとりのお客様に合わせた、
 細かいところまで大切にする商売をしたい
と、熱く語ります

また、県内ではヤブウチメガネさんにしかないような、
上質な海外の製品も取り扱っています。


Theo(ベルギー)、Anne et Valentin(フランス)、
MYKITA(ドイツ)、ZERO rh+(イタリア)などです。

店内にはオシャレなメガネがたくさんあります




義久さんに街の現状(県庁通り)をお聞きしました。
「やはり人通りが少なく、街の活気がなくなってきていると思います。
 みんな何とかしなきゃと思ってはいるのですが、
 なかなか連携して、というわけにはいかないようです。」

「私が福島に戻って来た時、正直街が死んでいると思いました。
 何かやらなきゃと思い、イベントを計画しました。
 
 20店舗ほど周り、協力を仰いだのですが、
 “あの店が出るならうちは出ない”
 “それをやるといくら売上が上がるの”
 などど言われ、苦しんだ記憶があります。

 自分たちのことしか考えていない、
 それでは街が盛り上がるはずがないし、
 結果として個々のお店の売上にもつながりません。

 もっと街全体のことを、みんなで考えるべきじゃないか、
 と強く感じました。」

そんな中、ある取組みを始めたそうです

「頑張っているお店同士でお互いの商品を使い、
 連携してお店をPRしていく、ということを始めました。
 
 例えば服屋さんで、展示にうちのメガネを使ったり、
 という感じです。
 お客様がメガネを気にした時、
 どこどこのお店ですよ、と紹介しあうのです。

 すると、そのお客様がお店にいらしてくれる。
 うちのお店ではまた別のお店の商品を紹介する、
 そうしてお店を、つまり街を周ってもらう仕掛けを作るんです。」

「福島から仙台へ、年間30万人が買い物に訪れている、
 というデータが数年前にありました。
 福島市の人口と同じ数の人が、
 仙台に出かけてしまうのです。

 しかし、横の連携の取組みを始めたら、
 逆に仙台から私たちのお店を周ってくださるお客様が
 来てくださるようになりました

デシャバリ事務局も、そのような取組みを初めて知りました。
薮内さんを通じて、また熱いお店を取材できそうです。




「私たちは、ライバルのお店でも、
 お互いに仲良く、協力し合い、
 活気ある街を創っていかなければなりません。
 
 まずは前向きなお店同士連携して、街の求心力を高められるよう、
 努力していきたいと思います。」

と、熱く1時間近く語ってくださいました。



おかみさんである菊野さんも、
やはり連携の大切さを語っていらっしゃいました。
お店同士はもちろん、いろんな年代の方と、
行政と、異業種間で、
みんな協力して街をよくしていきたいと語ります

お店の努力を欠かさず、街のことも真剣に考えている、
ヤブウチメガネさんをご紹介いたしました。

そうそう、取材に伺うと、義久さんは美味しいコーヒーを、
菊野さんは紅茶を入れてくださいました。


実はこのコーヒー豆を扱っているお店も、
「横の連携」でつながっている福島市内のお店なのです。
取材した私も、「このコーヒーのお店に行ってみよう」と思ってしまいます。

厳しい現状の中でも、少しずつつながりと、
何より街を元気にしようという想いが高まっています。
そんなつながりを、大切にしていきたいですね





オプティカル・ヤブウチ(OPTICAL YABUUCHI)
福島県福島市大町9−21
TEL:024−522-2659
FAX:024−597-6755
http://www.eye-y.com
| desyabari | 中心市街地のお店ご紹介 | 19:10 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:10 | - | - | pookmark |
コメント
はじめまして、初めてコメントします。
以前ヤブウチさんで、MYKITAのメガネを修理していただきました。
他県の某店で買ったものですが、対応していただき、料金も良心的!次にメガネを買う時は、ここで買おうと思いました^^
| さとうこうへい | 2009/10/14 9:31 PM |
さとうこうへいさま

コメントありがとうございます!

このコメントを書いている私もメガネなのですが、
次はヤブウチさんで、と思っていました。
こだわりと客への想いが強いお店ですよね^^

こんな熱くて良いお店を今後も紹介していきます。
よろしくお願いします!
| デシャバリ事務局 | 2009/10/15 8:26 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://desyabari.jugem.jp/trackback/40
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ