blog index

デシャバリの会〜まちづくりとつながりの場

福島県福島市の街を盛り上げようと集まった、
「福島市デシャバリの会」のブログです。
いろんなところで頑張っている人同士横のつながりを持って、
交流しながら楽しくまちづくりについて語っていきます。
いろんな職種、いろんな考えを持った人の集まりです。
その熱い夢と想い、そして福島市の情報を発信していきます。
<< 白石市歴史ツアー | main | 一台のバスと建築士の想いが、地域を変える >>
一台のバスと建築士の想いが、地域を変える
「福島市市民活動サポートセンター」の講座で、
蓬莱まちづくりコミュニティ「ぜぇね」代表
小林 悦子さんのお話を伺ってきました 



福島市蓬莱地区はいわゆる「郊外型ニュータウン」で、
70年代に造成されました。
全国各地の郊外型ニュータウンがそうであるように、
蓬莱地区も高齢化・少子化・人口減少が進んでいます。

坂道が多いこと、
地区内に高校がなく、通学が大変なこと、
様々な理由で転出者が多く、
空き家が目立つようになりました。

小林さんは建築士
最初空き家の有効活用ということで、
空き家をリフォームし、安く提供して若い世代に住んでもらおうという
事業から入りました。

小林さんが見た空き家の状況は、すごいものでした。
空き家なのかどうかがわからない、放置された家。
住んでいるのか、空き家なのか、売りたいのか、
洗濯物がそのまま干してあるような家もあったそうです

この事業は結局街を活性化するには至らず、
次の策を考えることになりました。
そこで持ち上がってきたのが、
ショッピングセンターをどうするかという問題です。

蓬莱地区の中心に、“いちい”というスーパーを中心とした
ショッピングセンターがあります。
かつてはいくつものテナントが入り賑わっていたのですが、
老朽化が進み、建て直すか、
撤退するかという話が持ち上がったのです。

地域・行政・大学、そして小林さんたちで研究会を立上げ、
話し合いを重ねてきました。
その結果ショッピングセンターを建て直すことになりましたが、
駐車場に新しい建物を建て、その後駐車場を整備するために、
1年間駐車場がないということがわかったのです

ショッピングセンター新築で、
別の地区内のスーパーが撤退すると決めたこともわかりました。

失敗できない。
しかし、新築後1年間、駐車場がない。
客離れが進まないだろうか。
地区は坂道が多く、お年よりも多い。

そんな悩みの中、小林さんが考えたのが、
「蓬莱に、バスを走らせよう」ということでした。
それが、「コミュニティバス くるくる」だったのです(続く)
| desyabari | 福島市内各地のまちづくり | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:21 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://desyabari.jugem.jp/trackback/46
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

bolg index このページの先頭へ