blog index

デシャバリの会〜まちづくりとつながりの場

福島県福島市の街を盛り上げようと集まった、
「福島市デシャバリの会」のブログです。
いろんなところで頑張っている人同士横のつながりを持って、
交流しながら楽しくまちづくりについて語っていきます。
いろんな職種、いろんな考えを持った人の集まりです。
その熱い夢と想い、そして福島市の情報を発信していきます。
<< デシャバリ交流会のお知らせ^^ | main | 【確定】第6回デシャバリ座談会のお知らせ♪ >>
福島市蓬莱団地 くるくるバスにご支援を!
今回はブログをご覧いただいている皆様へのお願いです。
デシャバリの会に参加していただいている、小林様からの心の叫びです。
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【小林様からいただいた、くるくるバスの現状です】

全国初の民間の無料バスが福島市蓬莱団地を回り始めて8ヶ月目を迎えました。
「コミュニティバスくるくる」です。
無謀にも思えた母娘2人での挑戦でした。
お年寄りを中心に新しい生きがい・楽しみを間違いなく創出しています。
お年寄りには欠かせない生活の手段になりつつあります。


後期高齢者の男性が先ごろ、団地内にあるくるくるバスの事務所兼停留所を訪れました。

「病院、買い物などで運転していた。
後期高齢者になり危険なので今度からは、くるくるバスを使わせてもらう」
と約束、運転はしないとの誓約書を出しました。


息子夫婦と3人暮らしの80代の女性は、
歩いていける友達の家でお茶のみを楽しんでいました。
しかし、どんなに親しくとも毎日は迷惑になります。
そんな時の無料バス。
団地の中心地の学習センターを訪れ、
趣味、健康などのサークルで新しいふれあいを満喫しています。

女性は「1年は短かった。しかし1日は長かった」
とくるくるバスが走る前の日々をしみじみと振り返っています。


1日平均60人が乗車します。最近、また増えています。
若い母親と子供というケースも目にします。
お年寄りを中心にバスをきっかけとしたふれあい、交友が広がっています。
高齢化、過疎化に悩む全国の団地等から問合せ、視察もあります。
福島の誇るべき情報発信の1つです。

でも台所は火の車です。
くるくるバスは一切の補助金なし、収入はバスに描いた広告、カンパ、募金での運行です。
予想外の大不況にも襲われました。
ピンチです。間違いなくピンチです。


バス利用者で、支援者でもある県女団連の幹部は
「定額給付金を寄付する。千円でも2千円でも寄付してもらったらいい」
とアドバイスをしています。
団地外の市民グループも「貴い社会貢献の灯を消すな」と募金を続けています。
停留所でのブティック、有機野菜販売による益金の寄付収入‥。
でもこのまま行けば、運行も危ぶまれます。


存続するにはどうしたらいいのでしょうか。
皆様方のご指導、ご鞭撻を頂戴できればありがたいです。


連絡先はバスを運行している「まちづくりコミュニティ ぜぇね」電話024−548−3088です。


追伸 
2月19・20・21日の3日間、事務所兼停留所で
バック作家伯井りんさんの「アートバックの世界」が開催されます。
人気のショルダー、トートタイプなど春物アイテムが展示されます。
売上の2割がバス運行に寄付されます。気軽にご足労下さい。


【ここからは小林様の想いです】


無料のくるくるバスは、蓬莱団地のお年寄りを中心とした足の確保だけではありません。
団地おこし、地域おこし、最後は国おこしです。


同じような問題を抱えた団地、地域は日本中に五万とあります。
ここで解決したら全国の同じような悩みを持つ団地、地域の1つの解答になる可能性が大です。


だから小生は、何とか支えたいのです。


足の確保は第1弾です。
もうすでに事務所兼停留所がミニ集会所になっています。
心の通い合うスポットになりつつあります。
水飲みにくる子供たちは、あいさつの仕方を自然に覚えます。


体の不自由な方も訪れます。
その時の小林悦子さん母娘の対応は感動するほどです。
勿論、どんな方にも本当に親切です。立派な態度です。


事業をする。補助をしてほしい。それが日本の常識になっています。

くるくるバスは違います。
絶対に必要だからまず、自分達、民間でやってみる。
スタートして8ヶ月。60人の毎日の利用者が出ています。
自治体からの補助は今でもゼロです。


予想外の不況、否、恐慌かもしれません。
広告を充てにした資金作りだけに、台所は大変です。
本当に厳しくなりました。


あらゆる面で劣化、荒廃した日本ではあります。
でも人様のために、懸命に、生きる人・グループには必ず、協力者が出る。
そして何時かは軌道に乗る。
小生は固く、固く信じています。

日本一のふるさとを創る会
株式会社プロジェクト・えこ
        小林富久壽

電話ファクス 024−549−3443
携帯     090−2606−8034
E−mail    fukuju@mbd.ocn.ne.jp
HP      http://www18.ocn.ne.jp/~kurinton/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様、何か良いお知恵はあるでしょうか?
ご連絡をお待ちしております!
| desyabari | 会員の想い | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:27 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://desyabari.jugem.jp/trackback/9
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

bolg index このページの先頭へ