blog index

デシャバリの会〜まちづくりとつながりの場

福島県福島市の街を盛り上げようと集まった、
「福島市デシャバリの会」のブログです。
いろんなところで頑張っている人同士横のつながりを持って、
交流しながら楽しくまちづくりについて語っていきます。
いろんな職種、いろんな考えを持った人の集まりです。
その熱い夢と想い、そして福島市の情報を発信していきます。
<< 【ひまわり甲子園】 | main | 【福島のへそ】 >>
【One Fukushima】

先月開催された「SIM2030・ふくしま版」でお会いした、

松下政経塾の馬場雄基さんからお誘いいただき、

事務局Jが「One Fukushima」に参加してきましたイヒヒ

 

 

テーマは「Linkする力」

松下政経塾の河内山哲朗塾長と、

「One Japan」発起人の濱松誠さんの講演を受け、

参加者で「福島の魅力」についてワークショップを行いましたわーい

 

河内山塾長からは「地域再生の処方箋」をテーマに、

社会課題を異業種が参入して解決している事例があること、

小資本でも、ICTと課題の本質がわかっている人が結びついて、

化学変化が起きることなどを学びましたラッキー

 

 

キーワードは課題、ICT、ベンチャー、起業、そして地域経営者ぴかぴか

課題ばかり言っていてもダメ、

つながり、異業種交流から価値を見出していくことが大切、

というお話をいただきましたチューリップ

 

濱松さんのお話しは、

「組織を越えたつながりによる協創」がテーマぴかぴか

 

 

2012年に組織活性化を狙いとした有志の会

「One Panasonic」を立ち上げ、

2016年には大企業の同世代で同じ課題意識を持つ仲間で

「One Japan」という有志団体を設立ニコニコ

現時点で46社、1200名の有志が参画しているそうです!!

 

濱松さんからは、つながることの大切さと、

その先にあるものをデザインすることの大切さを学びましたわーい

 

 

特に心に残ったのが、

「周囲を巻き込むときのポイント10か条」ぴかぴか

 

1.自身が一番コミットせよ

2.Give&Give&Give

3.トップ・ミドル・若手・社外、すべてとつながれ

4.自分のタグは何かを考える

5.会に出るだけでなく、自ら主催せよ

6.チャーミングであれ

7.まず動け、次につながれ、そして会社に持ち帰れ

8.枠の縁を歩け

9.社内外へ発信せよ

10.継続は力

 

 

デシャバリの会も、

もう一段上を目指していかなければと思いましたムード

 

 

そして震災当時高校3年生だった馬場さんの同級生の皆さんの

コミュニケーション力、プレゼン力の素晴らしさぴかぴか

とても素敵な時間を過ごさせていただきましたチューリップ

| desyabari | 会員の想い | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:55 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://desyabari.jugem.jp/trackback/951
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

bolg index このページの先頭へ