blog index

デシャバリの会〜まちづくりとつながりの場

福島県福島市の街を盛り上げようと集まった、
「福島市デシャバリの会」のブログです。
いろんなところで頑張っている人同士横のつながりを持って、
交流しながら楽しくまちづくりについて語っていきます。
いろんな職種、いろんな考えを持った人の集まりです。
その熱い夢と想い、そして福島市の情報を発信していきます。
<< 【今年も美味しい、福島の桃!】 | main | 【対話の大切さ】 >>
【高齢者に優しいまちづくりを、みんなで】

JUGEMテーマ:まちづくり

 

24日(金)、第32回座談会を無事開催することができました。

ゲストは「あずま通りクリニック」の小林直人院長。

 

 

「高齢者に優しいまちづくりをめざして」をテーマに、

高齢化が進む日本の現状と、認知症を取り巻く環境、

特に誤解や偏見、運転免許の更新に関する制度のおかしなところ、

先生の悩みやこれからの課題について、

じっくり伺うことができました。

 

 

個人的に衝撃だったのは、

「誰もが認知症になる可能性がある」ということ。

当然と言えば当然のことなのですが、

ずっと考えないようにしてきたのかもしれません(^^;)

「高齢化社会=認知症化社会」なのかもしれませんね。

 

そういった状況の中で、

高齢者に優しい街とは、認知症とは(その原因や症状)、

もの忘れと認知症の違いなど、いろんなことを学ぶことができました(#^^#)

 

 

高齢者に優しい街とは、

住みやすい、金銭的に不安がない、移動しやすい、

買い物しやすい、病気や認知症になっても大丈夫、

などの視点があるのですね!

 

福島市の街を振り返った時、

果たして住みやすい街だろうかと、考えてしまいました…。

 

 

そして高齢者に優しい街は、

やっぱり高齢者だけに優しい街ではありませんよね。

子育てしやすく、若者も住みやすい、

そんな街の条件を兼ね備えていると感じました!

 

 

講演の最後には、小林先生が何とライブを

先生が大好きな長渕剛の曲をはじめ、

4曲披露してくださったのでした♪

 

 

お忙しい中ゲストを引き受けてくださった小林直人先生、

事前準備から片付けまで、全てしてくださった

あずま通りクリニックのスタッフの皆さま、

そしてデシャバリ初の70名を超えた参加者の皆さま、

本当に本当にありがとうございました!!

 

ちなみに「講演+ライブ」スタイルも、

白衣姿での講演・ライブも初めてだったそうです♪

とても貴重な2時間でした!

 

(荒木さん、伊藤さん、受付ありがとうございました)

 

懇親会ではBBQ M2で美味しいお肉をたくさんいただきました(笑)

 

 

次回もよろしくお願いします。

| desyabari | 会員の想い | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:30 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://desyabari.jugem.jp/trackback/976
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ