blog index

デシャバリの会〜まちづくりとつながりの場

福島県福島市の街を盛り上げようと集まった、
「福島市デシャバリの会」のブログです。
いろんなところで頑張っている人同士横のつながりを持って、
交流しながら楽しくまちづくりについて語っていきます。
いろんな職種、いろんな考えを持った人の集まりです。
その熱い夢と想い、そして福島市の情報を発信していきます。
<< 【高齢者に優しいまちづくりを、みんなで】 | main | 【明日のビジネスを担う女性たちの交流会in福島】 >>
【対話の大切さ】

福島市の「こむこむ」に設置され、

撤去が決まった「サンチャイルド」。

 

風評を助長するとか、現代アートであるとか、

いろんな意見があったそうです。

 

その中で一つ気になったのが、「対話の大切さ」

 

制作者のヤノベケンジさんが

「設置を巡る意見の対立が深まるのは本意ではない」

と仰っているそうです。

 

 

現状では対話の場がないので、

ネット上などで賛否両論聞かれるのですが、

それは「対話の場」が設定され、

お互いの意見を伝え、聞く場があるとまた違うのかな、

と思います。

 

対話をしたからといって、

例えば一方の意見が正しいという結論がでる話ではないと思います

ただ、賛成・反対お互いの意見を聞くことが

まず大切なのではないかな〜と。

 

そうした対話を重ねることで、

どこに設置するとか、必要・不要の判断ができるとか、

ある程度の方向性が見えてくるのではないでしょうか。

 

 

今回、設置されて初めてサンチャイルドを知った市民もいましたし、

賛否両論あるからといって、

撤去が決定されるのも早すぎたのではないか、と感じます。

 

そのどちらにも、市民の意見が入る余地があったのではないかと…。

改めて、「対話の大切さ」に気付かされたお話でした。

| desyabari | 会員の想い | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:51 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://desyabari.jugem.jp/trackback/977
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ