blog index

One fukushima D(旧デシャバリの会スタッフブログ)

2019年5月にスタートした「One Fukushima D」。
「福島市デシャバリの会」と「One Fukushima」が一つになって生まれた団体です。
「遊びながらまなび、まなびながら遊ぶ」をコンセプトに、福島のたてよこななめをつなぎ合わせ、誰もが主役となる環境づくりをしていきます!
ここは、旧デシャバリの会スタッフのブログです♪
<< 【支える人たち】 | main | 【(有)ファッションレスキュー 政近準子さん講演会】 >>
【明日のビジネスを担う女性たちの交流会in福島 

JUGEMテーマ:女性の生き方

 

9月15日に開催された

「明日のビジネスを担う女性たちの交流会in福島」

に参加してきました

 

 

当日は80人くらいの方が集まり、

木幡市長のお話し、SONYで活躍された眈章損劼気鵑里話し、

そして福島市唯一の造り酒屋「金水晶」の斎藤美幸さん、

福島銀行監査部主任調査役の内野文詠さん、

福島市最大の旅館「吉川屋」の畠暁子さんの

3人のパネルディスカッション、

最後に参加者全員で懇親会という内容でした

 

 

木幡市長からは、

・女性が活躍できるよう、真摯に取り組んでいくこと

・市役所の中でも、女性が入っていない委員会などがある

 まだまだ意識が足りない

・女性が管理職にいっても活躍できるよう、環境を整えていく

など、「女性活躍に向けての決意表明」としてお話しいただきました

 

 

眈召気鵑らは、

・目の前の仕事に真摯に取り組んでいくこと

 自分が望まない仕事でも、必ず見ていてくれる人がいる、

 全力投球で臨むことが大切

・信用を得ることがとても大切

・女性だけが仕事も家事も育児も介護もするのはおかしい

 男性も一緒に責任を担いながら、キャリアを築いていく

・失敗する方が成功できる。 失敗から学ぶことがたくさんある

・女性は完璧にしようとしがち。一人でやらない。

 「理想の上司」はいない。人それぞれ、欠点も弱いところもある。

 それでいい。

・必ず助けてくれる人がいる。頼っていい。

 助け合って、コミュニケーションを取り合って

・自分の長所や強みで頑張る

・キャリアを上げながら、実績を残していくことが大切

などのお話をいただきました。

 

う〜ん、一言ひとことが身に沁みます。

そして、元気をいただけますね!

 

女性が活躍するためには、男性も女性も、

いろんなところで意識を変えていかなければなりません。

少しずつ、前に進んでいきたいですね(^^♪

| desyabari | 会員の想い | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:39 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

bolg index このページの先頭へ